So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

カストロの死 [Chile 2016]

11月25日、フィデル・カストロが死んだ。
特に驚くことではないし、彼は2006年に事実上引退を始め、2011年4月に正式に引退、近年はほとんど公けの場に姿を現すこともなかったから、彼の存在は象徴的なものとなっていた。
現役だったチャベス大統領が亡くなったときのような混乱はないし、Cubaの現在の路線が急変することもない。
すでにCubaは米国と歩み寄り、経済開放路線を推し進めており、今後もこの路線に変化はない。
だから個人的な知り合いでもなければ、わたしの英雄というほどでもないFidel Castroについて是が非でも何か書かなければならない訳ではない。けれどやっぱりわたしのスタンスからすれば、何事かメモしておくのはやぶさかではないだろうし、それを期待する向きもあろう。(いったい誰が??笑)


わたしの中で、カストロについてのテーマは次の質問に要約される。

彼は独裁者だったか?
答えはYesだ。

彼は共産主義者だったか?
- Yes

彼は政敵を虐殺したのか?
- No

彼による核戦争の危機はあったのか?
- No

彼は道を間違ったのか?
- Yes

彼に他の道はあったのか?
- Noだ。

これらがすべてだ(大局的には、という意味だが)。



どこかに書いたはずなのだけれど、見当たらないので再録しておくが、わたしが初めてカストロという人物を知ったのは中学1年の夏だったはずだ。。。
tvの番組でカストロの特番を放送していたのを見て、痛く感銘を受けたのを覚えている。
まだイデオロギーの何たるかも分からず、ゲバラとゲリラの単語を混同して、何か派生語であるかのように漠然としか理解できない癖に、学生運動、日本赤軍だとか、パレスチナゲリラに憧れるような反抗的な子供だった。
演説するカストロをノートにスケッチし、いくつもの言葉を書き留めた。

図書館でマルクス=エンゲルス著作集を一冊借りては投げ出し、ソルジェニーツィンの"収容所群島 第一巻"を購入して読んだものの、さっぱり理解できずに次巻には手も触れず、すでに廃刊だったゲバラ著作集を古本屋で見つけたものの中学生には高価過ぎて手が出ずに悔しい思いをしたりしていた中学生だった。わはは

だがその後、ゲバラを知るに連れ、そして前述のソルジェニーツィンの登場によって、社会主義が徹底的に悪とされてゆく中で、わたしのヒーローはカストロではなく、ゲバラへと傾いていった(より正確に言えば、カストロに興味をなくしていったと言うべきか。)


-彼は独裁者だったか?
もちろんYesと答えるしかない。50年近くの長期に渡って政権のトップに居座り、後継者や多様性ある政党形成を許さなかったとすれば、現実的に独裁政権だったと認める他ない。ケネディであろうと、オバマであろうと、チャベスやプーチンと同じく憲法上合法であろうとも、最高権力の座に長期に渡って留まり続けようとする者たちはすべて独裁者という他ない。それは国民の支持の有無とは関係ない。国民の支持があろうがなかろうが、そんなことは問題ではない。

-彼は共産主義者だったか?
これもまたYesだ。しかもソビエト型に学んだ共産主義だ。独自の道を歩もうとした経歴はあるけれども、結果として彼はソ連型共産主義のイデオロギーを受け入れることを選んだ。
  Cuba国民のみならず、例えばイスラーム圏でも、日本でも、一般的国民はほとんどの場合、高度な政治的自由にはどんな興味もない。もちろん、一旦、衝突が起きれば別だ。けれど大規模な衝突さえなければ、国民の関心は世界中のどこでも経済的問題に集約されていて、高度な政治的自由など極めて稀な人々しか関心を持たない。経済的不満はCuba国民の中には常にあった。けれどそれは端的に言って、米国の経済封鎖の所為という他ないのは事実なのだ。社会主義経済が原因である以上に、その数倍の原因となったのは米国とその傘下に回った国際社会の経済的制裁なのだ。

-彼は政敵を虐殺したのか?
正確な数字はどこにもない。反カストロ派ですら誰も明確な数字を挙げていない。
彼が何千人もの政敵を虐殺したなどという噂話もたくさんあるようだけれど、実際のところ彼は決してスターリン的ではなかったし、数千人という規模はこの50年近い歴史をきちんと見てゆけば少なすぎる"虐殺"だ。
 そもそも革命直後から反革命派を支援し、軍事的援助を惜しまないどころか、CIAを通じて暗殺者などを送り込み続けてきた米国の行動とそれに従った武装反政府ゲリラの数だけでも数千人に及んでも不思議ではない。外国の諜報機関の指示の下、政府最高指導者を暗殺しようとする人々を犯罪者として刑務所に送り、処刑するのはイデオロギーの左右とは無関係に、一国家としては避けられない処置という他ない。
 またカストロ自身も否定したように、Cubaにおける思想政治犯というのは稀有な存在だというのも事実だろう。閉ざされた島国であるCubaで国民は洗脳されて育つ。インターネットも存在しなかった近年までは(インターネットなど一般の人々が僅かでも触れるチャンスができたのはここ10年の話でしかない)、情報もなにも国民を刺激するものはなかったし、国内に対立がなかった以上、政治思想犯を生む土壌が極めて希薄だったからだ。
 さらに彼はベルリンのように亡命希望者を射殺したりしていない。取り締まりにどれだけ熱心であったかも疑われるほどだ。

-彼による核戦争の危機はあったのか?
NOだ。断じてNoというべきだ。核戦争の危機はケネディの頭の中だけにあった。いや、それは核戦争ですらなく、核攻撃の危機だった。
ケネディの指先にこそ、彼の意思の中にこそCuba核攻撃の危機は存在した訳で、Cubaには核攻撃を始める用意はまったく存在しなかった。世界中に喧伝されているそれはケネディの妄想によって"核戦争の危機"と呼ばれている。Cubaにこそ危機があった訳で、米国にはどんな危機もなかったという現実を誰も認めようとしないのは本当に我々が洗脳されているからだ。これは97年に"マクナマラ回顧録"が発表された時、誰もが理解すべきことだったのだけれど、結局誰もそれを理解しないまま現在に至っている様子だ。

-彼は道を間違ったのか?
-彼に他の道はあったのか?
 このふたつの質問は同時に答えざるを得ない。前者はYesであり、後者はNoだ。
彼は結果的にいくつかの大きな選択を間違ったけれど、実際他にどんな方法もなかったというのがすべてだ。
ゲバラと袂を分かつたのは、ソ連を巡る確執だと言われている。或いは偽装だとする説もあるけれど、実際、ゲバラとカストロではソ連に対する対応で意見が分かれただろうことも容易に想像がつく。ゲバラは理想主義者だったし、カストロは現実主義者だった。それは紋切型のプロトタイプの当て嵌めではなく、ゲバラが現実社会(現実の人々)に対応できないほどの理想主義者であったことから来る。カストロは寧ろ、常識的だっただけだろう。
 理想を言えば、米国とソ連の間でバランスよく両者を天秤にかけながら外交を...というところだろう。けれどそんなこと米国が許しはしなかったのだ。決して誰にも出来やしなかった。だったら米国に寄り添うべきだったって??バカな! 
資源の国有化、企業や亡命富裕層の資産の国有化を許さない米国と寄り添う道などあり得なかった。米国がそれを黙認することはあり得ないから、米国と寄り添うことは革命そのものを否定する道しかなかった。
だからどれほどソ連と同衾するかという程度の問題はあれ、米ソ冷戦の狭間で、ソ連と距離を保ちながら米国の経済封鎖に耐えるなどという神業は誰にも出来やしなかったからだ。
時代はベトナム戦争への米国の介入と時を同じくしている。米国の裏庭と評された中米カリブ海のど真ん中、米国の目と鼻の先にできた社会主義的平等を謳う革命政権の存在は米国に受け入れられるものではなかったのだ。
61年のピッグス湾事件までカストロ=ゲバラのキューバ革命は社会主義を標榜していなかったとする見解もあるようだが、それはバカげている。根拠とされるのは、キューバ革命後の1959年後半にフィデルがアメリカの新聞に「どんな産業も国有化する意図はなかった」と語ったことだとされているが、すでにこの時、5月に公布した農業改革法に従って、土地の収用と再分配が進められており、10月には米国に支援された旧バチスタ政権側がサトウキビ畑を爆撃して多数の死者まで出している。農地改革はすなわちサトウキビやバナナ産業の国有化と紙一重の行為であり、社会主義的理念に基づく革命政府の根本的政策であったからだ。
 カストロは"産業の国有化"をするつもりはなかったと語った訳だが、サトウキビやバナナという第一次産業に於いては、土地の接収、国有化はすなわち所有~輸出まで一貫していた産業を単に手数料化してしまうものであった。
寧ろ、ソ連に対する警戒感から(また米国に不信感を与えないようにする方便として)、カストロは社会主義革命であるという宣言を先延ばしにしていただけだ。
 だが米国が60年5月、すべての精油作業をストップさせたことで事態は不可逆となった。代わって届いたソ連からの石油を精油する為には、キューバ国内のテキサコ、シェル、エッソなどの精油産業を接収せざるを得なくなったからだ。

カストロを除いて、どんな人物にも、どんな政府にも、米国と対立して60年間もの寧ろ安定した政権を維持することなど不可能だったろう。カストロはそれを成し遂げた。。。その過程で彼がいくつか誤った判断を下したのを我々は責めることなどできない。彼を追い込んだのはまさしく米国政府なのだ。
 もちろん、彼の引退は15年ほど遅かったし、少なくとも多様性ある(社会主義的理念に幅を持たせて)政党と後継者の育成に乗り出すべきだった。ラウルへの権力の委譲は不必要だったし、国民の前に選択肢を示して、譬え形だけのものになろうとも、自由な国民選挙の試みを始めるべきだったかもしれない。
 彼の間違いをあげつらっても仕方ない。すべては彼が独裁者として君臨してしまったことから始まった。人間は誰しも完璧ではないし、自身の先入観や偏見から自由にはなれない。だからこそ多様性のある提言が必要なのだし、その多様性の中にあるリスクを拾う覚悟こそが彼を過ちから遠ざけたかもしれない。もちろん、すべては結果論に過ぎず、仮定に過ぎない。
命ある限りキューバを革命キューバ政府として守ろうとしたこと自体にも無理がある。革命は一時的なものであり、真に革命を進めるということは時代に合わせて変化するということでもあるからだ。一応の革命の成果が出て、その成果が不可逆のものとなった時点で革命は終了すべきものなのだ。
 革命が終了すれば(すなわち富の不均衡や土地の再配分、産業構造の変革、社会的正義など)、再び資本主義的体制を取り入れることも決してやぶさかではなかったはずだ。だが時代がそれを許さなかったのだ。

最後にひとつの問いかけがある。
-カストロは有罪か?

モンカダ襲撃裁判の中で彼は"歴史は私に無罪を宣告するだろう"という有名な言葉を残した。
革命キューバ史の中で彼はその言葉を現実のものとしたけれど、それでも尚、世界には彼を有罪扱いし続ける人々がいる。
だが彼に他の選択肢は存在しなかったのだ。
それは彼個人の力ではどうしようもない国際政治力学の構造だった。
如何なる人物もそれを以て有罪とされることはないだろう。
彼は私腹を肥やした訳ではない。彼は虐殺者や戦争犯罪人として国際裁判に掛けられるようなことはしていない。
独裁者としては極めて穏やかな治世を築いた人物であることは否定しようがない。
キューバ人たちを貧しさの中に閉じ込めたのは彼の罪ではない。
それは我々の側の罪に他ならない。

ゲバラとて例外ではなく、早死した人物は英雄足り得る。
けれど人生を長く全うした者が英雄足り得る道はとてつもなく険しい。
ゲバラはわたしや多くの人々のイコンのひとつであり続けるだろうが、カストロがそこに肩を並べるのは難しい。
けれど彼に唾吐く人間は間違っている。
自分自身に何ができるのか、自分自身が何をしてきたのかを真摯に問えば、彼に対する僅かばかりの敬意くらいは沸いてくるはずだ。
 

fidel-castro-ruz.jpg 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Oaxaca 死者の日 その2 [Mexico 2016]

という訳で、夜の部。。。

IMG_0431.jpg

観光の目安としては11月1日の夜にOaxaca市内のPanteon General以外の(←ここ重要)Cementerioを回るべきです。Panteon General Oaxacaは3日のお昼に多くの人々が訪れて花飾りをする風習があるようで、11月1日は回廊に蝋燭が置かれるだけです。

IMG_0019.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0021.jpg IMG_0033.jpg

IMG_0042.jpg 

IMG_0342.jpg

IMG_0317.jpg

IMG_0356.jpg

 IMG_0401.jpg

 公園では化粧屋が出て、あちこちで観光客たちに髑髏のメイクを施しています。

IMG_0683.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Oaxaca 死者の日 その1 [Mexico 2016]

ええ申し訳ございません。

いまだにMexico編、完了しておりません。。。
まだあるんです、はい。汗っ

まずは死者の日のOaxacaの墓地の様子を見て頂くことに。
もちろん、この為に行ったんですから。わはははははははははははは

お昼の様子です。
たくさんの花々で飾られた墓。。。

IMG_0049 (1).jpg

IMG_0063 (1).jpg IMG_0270.jpg

IMG_0287.jpg

IMG_0551.jpg

IMG_0570.jpg

IMG_0600.jpg

IMG_0606.jpg

IMG_0622.jpg

IMG_0635.jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

感じただけで満足しないこと [Ecuador 2016]

何かを感じることは大切だけれど、感じるだけで分かった気にならないことが大切だ。
何かを感じただけで満足しないこと。
感じるというのはほぼ好き嫌いに還元することができる。すなわち、ただ物事に対して好き嫌いを感じているに過ぎないということ。
あなたの、わたしたちの好き嫌いはそれほど強固なものではないということ。
ちょっとした視点の変化や出来事、時の経過や場合によっては他者の意見でそれは容易にぐらつくということ。
それは直感的な指標ではあるかも知れないけれど、それ以上ではないということ。

感じたことを手掛かりに考え始めるということ。
...思うということは感じるとほぼ等しい。
...思うは考えるではない。
考えるということは、検証するということ。
検証する為には多面的な情報や知識が必要であるということ。
注意すべきは、真実はたったひとつではなく、立場や状況によって、それぞれにいくつもの真実があるということ。
そう、面倒くさい。。。
検証した結果から論理的に事実を再構築すること。
自分の中に存在する偏見や先入観を見い出すこと。
予測することを主眼にするのではなく、それぞれの真実を理解すること。
そこから物事のあるべき姿を探ること、同時にあるべき姿の現実的妥当性(可能性)を探ること。
起こったこと(過去)を理解した上で、場合によっては対策や予測を立てるということ。

世の中が論理的でないのは、それぞれにそれぞれの真実と論理があるから。
時として力が(臆病さが)論理を捻じ曲げるから。
大勢の人々が考えることを放棄していて、彼らが論理に沿って行動する訳ではないから。
けれどだからと言って考えることを放棄する理由にはならない。
感じるだけで十分だという根拠にはまったくならない。
人々が論理的でない以上、社会もまた論理的ではあり得ない。
だから予測という一点に於いては、思考も直感も同等だろう。
当たり外れは五分五分だ。
けれどだからと言って考えることを放棄する理由にはならない。
考えることを放棄するなら、わたしたちは自身の言動に一切の責任を負えないだろうし、自身の言動から一切の権威を失うだろう。
すなわち糞になるということだ。

わたしは別の意味で糞野郎だが、そんな糞野郎になるつもりはない...



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

表層的、一面的な捉え方のバカさ加減。 [Ecuador 2016]

 

米大統領にトランプ氏 橋下徹氏がツイート「日本が本気で自立を考える時だ。過保護の親よりいい」

産経新聞 11/16(水) 

 米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことを受け、前大阪市長の橋下徹氏は自身の短文投稿サイト「ツイッター」を更新し、「いよいよ日本が本気で自立を考える時だ。トランプ氏は、日本に自立を促す。過保護の親より子供に自立を促す親の方が子供にとってはいい」と、独特の言い回しで評価した。
 ツイートは13日付で、トランプ氏に関する内容を6本連続して投稿。トランプ氏が大統領選で米軍駐留経費の負担増などを主張したことに触れ、「負担増を求められたら、全額負担すると返せばいい。残り二、三千億円の話だ。たったこれだけのお金で日本は交渉の主導権を握ることができる」と論じた。
 今後の国際情勢の展望については「アメリカ、ロシア、中国の協調による世界コントロールの時代に突入する可能性大。これは朝日新聞、毎日新聞的な世界平和だが、日本にとっては苦しい状況。世界平和が単純に日本にとってプラスになるわけではない。世界平和の中身を考えなければならない」と持論を展開した。(WEB編集チーム)

 
「負担増を求められたら、全額負担すると返せばいい。残り二、三千億円の話だ。たったこれだけのお金で日本は交渉の主導権を握ることができる」と橋下。。。

まず残り2000-3000億という数字が正しいとすれば、たったそれだけのお金という判断は間違っていないだろうが、それを"全額負担する"と切り返したからと言って、主導権が握れると考えるのはバカげている。寧ろ言いなりになると判断されるだけだろう。

求められるのは、金額をきちんと見極めた上で、全額負担を求める米国側にどういう条件を呑ませるか、だ。
全額負担せよというなら、駐留米軍に対して日本側が条件を突きつけなければならない。それを呑まないなら負担増は一切拒否するという構えこそが大切で、その結果、駐留米軍の撤退が視野に入って来ても、明日にでもハイさよならという話ではあり得ないので、米国の撤退発言が出るなら、それ以降の"思いやり予算"支払いを凍結して、日本側としては寧ろ、優位に交渉を推し進めるチャンスとなる。もちろん、日本政府にそれだけの能力と決意があればの話だが。。。(安倍にはそんな能力も、そんな気もないが。)



「アメリカ、ロシア、中国の協調による世界コントロールの時代に突入する可能性大。これは朝日新聞、毎日新聞的な世界平和だが、日本にとっては苦しい状況。世界平和が単純に日本にとってプラスになるわけではない。世界平和の中身を考えなければならない」と橋下。。。

そもそも"アメリカ、ロシア、中国の協調による世界コントロールの時代に突入する可能性大"とみること自体がバカげていて話にならない。トランプはロシアとの協調路線を選挙戦で唱えたが、そんなことが実現すると考えていること自体が橋下が世界情勢、国際力学のことなど何一つ知らないことを露呈している。あり得ない前提に立って論じても無意味だ。

"世界平和が単純に日本にとってプラスになるわけではない。世界平和の中身を考えなければならない"などという発言に至っては、その厚顔無恥ぶりに開いた口が塞がらない。それはネオコン(新保守主義 Neoconservatism)の考え方だ。戦争屋の哲学だ。橋下の言う"世界平和の中身"とは自国経済の為には紛争や戦争を積極的に利用するという立場のことだ。

橋下のこんなバカげた発言を支持するコメントを多数見かけること自体がこの国の人々の知性のレベルを露呈している。
もう一度言うが、"我々"は少数派なのだ。多分、"我々の側"は日本国民の2割程度でしかないのだ。そして4割近くは事態が何処まで進んでも無関心なのだということも覚えておかなければならないだろう。"我々の側"がしなければならないのは、"我々の側"にできることは、敵対派を論破することではないのかも知れない。だが無関心な人々を取り込むのは反対派を取り込む以上に困難を極めるだろうことも事実だ。数字的には無関心層の半分=全体の2割を取り込めば勝ち目も出てくる。けれどこの半年以内にそれを成し遂げるのはやはり不可能というしかないのも事実だろう。。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -
メッセージを送る