So-net無料ブログ作成
検索選択
Nicaragua日記 ブログトップ
前の10件 | -

ニカラグア 34日め(脱日本297日め)・・・16.Marzo de 2008(domingo) [Nicaragua日記]

◆これ以前のBlogは http://antaios-nuevo.blog.so-net.ne.jp/


 昨日の日記はお休み(笑)
なにしろ一日中PCに向かって、2件のデザインと格闘してただけだから。。。ああ、疲れた。。。お任せデザインなので、いくつかのデザイン・パターンを作って持っていって、まずOKを貰う必要がある。スペイン語がペラペラ喋れれば、スケッチと口頭で或る程度は打ち合わせできるが、それはまだまだ難しい。。。ニュアンスというやつは相当高度だ(笑)。。。面倒だが、こうやって作ったデザインモデルはすべて他のクライアントにも応用できるものなので、何一つムダにはならない。多国籍レストランの看板サイズはちょうど縦横比がチラシfolletoと似ているので、チラシ・デザインのサンプルにも応用できるだろう。。。

 今朝も起きてから少し手直しをして。。。さて、ちょっと出掛けようと思ったら、玄関にカギが掛かっている!!。。。両側からから施錠できるタイプで、施錠されると内側からでも鍵が必要。。。しかもホテルには誰もいない?!。。。呼べど叫べど、誰も答えず。。。おいおいっ!朝から閉じ込められたよ。。。汗っ。。。
 少し話が変わるが、おとついまで3日間、まともな晩飯を食わず(ホットドッグとか、ハンバーガーとか、ポテトフライ)、ついにおとついは何も食べずに済ませてしまった(お腹が空かない訳じゃないが、食べたいっ!!って気にもならない)。。。で、昨日の昼に鏡でマジマジと自分の裸を見たら、痩せてるよ、この数日で。。。昨夜も特に食べたくはなかったが、"さすがにマズイな"とパンケーキ・ミックスを買ってきて、ベーコンとスクランブルエッグ、チーズにコーヒーで食事。。。今日は日曜で午後には大半の店が閉まってしまう(外国人向けレストランは別にして)ので、朝昼兼用でゆっくりパスタでも作って食事しようと、その時までまだ食事もしてなかったのだが、閉じ込められた状態では昨夜と同じメニューを食うしかない(これで当分、パンケーキは食いたくなくなってしまったな。笑)。。。いつまで閉じ込められるのか分からないまま、食事を済ませてしばらくすると、何処かの部屋で咳をする声が・・・おいおいっ!?誰か寝てたのかよ??(わたしの声はかなり響くので間違いなく聞こえてたはずだぞ)。。。で、それと思われる部屋の扉をノックしてようやく鍵を開けてもらう。。。脱出成功♪(笑)

食事のことだが、なにしろ毎日たった2軒しかないビュッフェのどちらかで食べるしかない。屋台のホットドッグやハンバーガーを除くと、他には市場の中の汚い食堂か(これまでのどこの町の市場より汚くて小さい)、観光客向けのレストランくらいしかない。。。ビュッフェとは言え、メニューはほぼ毎日同じ。。。選べるとは言うものの、毎日同じ品揃えなら選べない方がマシ。。。"これを食え"と出されたら食えるが、"好きなものを選べ"と言われたらどれも選びたくなくなってしまう不思議(笑)。。。
 しかもビュッフェだから当然、焼きたてとか、アツアツとかそんなことはあり得ない(まあ、いずれにせよ、熱々の食事を好むのはアジア系くらいじゃないのか??)。。。焼いて何時間もたった肉を保温したものを食わされる訳で、お米だってビッフェと一緒にずっと並んでいるやつ。。。添え物はいつも山盛りのバナナチップスか、バナナフライ。。。飲み物は甘いジュースかコーラ。。。でなければ水。。。お茶はモチロン、紅茶とかもない。。。甘いドリンクとお米。。。さすがにかなりキツイです(笑)。
 ついでに言うと、ここNicaraguaに来て以来、ついにトルティージャが消えた。。。まったくない訳ではないが、ビュッフェにもないと言われるし、屋台もホットドッグとハンバーガーばかりで、トルティージャは見掛けない。。。市場の中なんかでは売ってるみたいだが、食べている人は少なくて、大半がお米ばかり。。。トルティージャが格別好きな訳じゃないが、コーラやジュースとなら、トルティージャの方が相性はいい。でしょ??(笑)
 観光客向けのレストランも+1$~2$というところだが、ドリンクとサービス料、チップを加えると1回の食事で7~8$は掛かってしまう。。。ビュッフェだと3$ほどなので倍ということになる。(Leonだと2$くらいで食事できたのだが、ここは高い上に味も落ちる。)

---------------------------------

 そろそろ7時だが、マズイっ。。。ナニがって、10時過ぎに大きめのパンケーキを3枚も食べた所為か、お腹が空いてない。。。これからちょっとBar関係に営業へ出掛けてくるが、ヘタするとこのまま何も食べずに終わりそうだ。。。パスタは購入したが、それほど腹は減ってない。。。

---------------------------------

 結局のところ今夜も食事ぬき(←ということは一食だけ。汗っ)。。。食事を作る気もなく、空腹でもなく。。。(そうだ!!せっかくわたしが寿司でも何でも本気で料理を作る気になっていたのに、タイミングを外されまくった所為で作る気が失せてしまったに違いない!!)。。。それでも仕事ついでに出掛けてみたが、屋台もレストランも食欲をそそらず。。。そこで晩飯代わりにワインを購入♪(笑)。。。ワインでも飲めばひょっとして腹でも空くか?と思ったが、そんなこともなく只今1本空けていい感じ♪(笑)部屋には食料品もあるが別にいらない。。。ここのビールは美味しくないので飲むならワインの方がいいかも(とは言えクソ暑い昼間は赤ワインはさすがに飲めないな。。。笑)
 明日は辛いもんでも作って食べるとするか??(食欲のない時は辛いもんに限る)。。。しかし牛肉や豚肉は量が多すぎて冷蔵庫なしでは、食い切れないので、鶏肉しか選択肢はない。。。ビュッフェで米だけテイクアウトって出来るかな??おかず作って食うか??。。。或いはいっそ一日掛かりでとことん煮込んでしまえばカレーなら日持ちするな。。。どうせまだ一ヶ月いるならタッパウエアでもひとつ買って冷蔵庫にしまわせて貰うか。。。カレーなら毎日でも食えるわたしです♪CubaでもGuatemalaでも本気でカレー作りをしたしね♪インドなら食堂事情が貧しくても平気だな(笑)
 なんか俄然やる気出てきました♪明日一日掛かりでチキンカレーを仕込んで、同時に牛肉も別鍋で煮込んでおいて、チキンカレーを食べた後、ビーフカレーにアレンジ♪そのままタッパウェアに入れて冷蔵庫に保管できればいつでも食べれる♪カレー・ライスに、カレーピラフ、カレー・スパゲティに、カレーとトルティージャ♪なんならカレードーナッツだって作れます(笑)。。。ああ、ちょっとお腹空いてきたかも??(今更どうする?!笑)

※そうそう、昨日から扇風機がまともなカヴァー付きのやつに変わりました♪とってもキレイなやつです♪部屋の掃除ついでにベッドメイクの人が見兼ねて?変えてくれたみたい(笑)。。。実はカヴァーがないだけでなく、扇風機がグラグラしてて、一晩中、首を振るのに合わせて傾く度に、カチャカチャとうるさかったので、雑誌を脚の下にひいていたのですが、それがみすぼらしさをアピールしたのかもしれません(笑)

ニカラグア 35日め(脱日本298日め)・・・17.Marzo de 2008(lunes) [Nicaragua日記]





 し、しまった!!。。。今日、洗濯しなきゃならなかったのに忘れてた!!
こないだ洗濯したばかりなのに。。。もう!?。。。Tシャツ買わなきゃだな。。。中古で1.5$だったが、いずれにせよ洗ってからでないと着れないので明日は長袖しかないな。。。汗っ
 カレーを作る予定が材料が足らず。。。てか、ここホントに何も売ってないじゃないか!?。。。まあ、明日は洗濯とカレー作りに集中しようかな??(ホントか??)
 今週はセマナ・サンタ(復活祭)と呼ばれる恥ずかしながらよく分からない1週間に当たっていて、木曜日から月曜日までは会社勤めの人たちは5連休となる。昔は商店もすべて休みになったらしいが、今は日本のお正月と一緒で開いてる店も多いらしい(ただ木曜日はホントにビュッフェも休みになるらしい)。。。多少の不便(スーパーがだだ混みで、食品が在庫切れしやすそう)はありそうだが、今の状態では余り影響なさそうだ(笑)・・・そんな訳で今日からあちこちの教会でもうすっかりお馴染みになってしまったprocecion(宗教行列)をやっている。。。まあ、各教会に収められている磔刑像やマリア像を中心とする彫像を神輿のように担いで歩いて、見せびらかすみたいなもんか??(怒られそうだな。笑)。。。今日見掛けたふたつのうち1つは、イエスらしき(不確か)福音者の背後にピッタリと悪魔がくっついている不思議なやつ。。。なんで??。。。しかも悪魔はやっぱりチープ(笑)。。。かなり違和感のあるprocecion。。。写真を撮る気にもならなかったが、まあ今週中にどっかでなんかを撮るでしょう。。。(撮る気なしやな)わはは♪

--------------------------------------------------------

 ピッツェリアの方はデザインも出来上がり、後はOKを貰うだけ♪
多国籍レストランの方はまだロゴマークのデータを貰えていないし、ラフ・デザインのOKもまだなのでもう少し時間が掛りそうだ(大きな看板なので、こっちも慎重にならざるを得ない)。
 で、今日も何軒か回ってみたが、月曜日は定休日のところが多くて収穫なし。。。ついでにやる気なし(アカンがな。。。汗っ)

 で、暑さを逃れてホテルでビラ用のサンプル・デザインを5種類裏表作ってみる♪2~3つは、いいんじゃないか?!(またも自画自賛。笑)。。。フレンチ・レストランと新しくオープンするスパニッシュ・レストランの仕事を受注したいので、その2店をイメージ・ターゲットにして仕上げてみる。。。

 さて晩飯はビュッフェでケンタッキー・セット??(笑)。。。まあ、初めて食べたがマシじゃないか??

 で、そろそろホンキで次の受注を確定させたいので、夜10時になってから営業へ出掛けることに。。。最初にピッツェリアと共にほぼ受注したはずのホテル撮影。。。"翌週(=先週)に電話する"と言ったきり結局掛って来ず、店へ行っても不在ばかりでそのままになっていたやつ。。。でようやくオーナーに会えた。。。そして、やっと3件目受注~♪ホッ♪(昨日その分のワイン飲んだっけ!?笑)。。。来週月曜日10時にCafeの方の朝食の撮影をしてくれと言う。。。で、"ホテルの方は??"と尋ねたら、そっちも依頼するつもりだ、と言う♪ホントか??(笑)。。。まずは朝食の撮影からか。。。ダブルで受注したいな。。。(ホテルの古いチラシを入手したが、写真がよくないので、きちんと説明させてくれれば必ず受注できるはずだ。。。プロのカメラマンだとは思うが、ガランとした部屋を大写しで撮っているだけなので、とても寂しくて貧相にみえる。花やフルーツを用意させて、もっと寄り気味で雰囲気のある写真を撮るべきだと説明したいのだが、なかなか時間が取れない。)

 今日、電話待ちをしていたレストラン&BARの2軒を経営している太ったおばちゃん(笑)からは、当然のように電話なし(笑←今までちゃんと電話が掛って来たなんてことは2回くらいしかない)。。。なので明日はそっちを回って、あさっての打ち合わせが出来るのかどうかの確認をしなければ。。。なんとかこっちも2軒分の受注をしたいところだ。。。

------------------------------------------------

またしてもBlog引っ越し。。。so-netのバカ。。。
so-netのBlog用IDはランダムに決められてしまう。。。しかも通常なら確認メールにそれは記載されているもんだがso-netは記載なし。。。当然のように確認メールに記載されていると思った浅はかなわたしはそのIDを控えずに、確認メールを開く。。。アレレ!?。。。ID書いてないぞ??と思ったがログイン時にはPCがIDを記憶している様子で入力の必要がない。。。途中でいずれこうなることは分かっていたので、IDを確認しようとしたが、なんとso-netではIDの問い合わせは郵便物での回答のみだと!!。。。バカな。。。受け取れない。。。まあ、いいか、と思って使っていたが、何の拍子か突然、ブラウザが記憶していたはずのIDが消えてしまった。。。もうどうしようもない。。。
 あ~ああん、いやんなっちゃった、あ~ああん、おどろいた♪

ニカラグア 36日め(脱日本299日め)・・・18.Marzo de 2008(martes) [Nicaragua日記]



暑さに負けっぱなしの毎日。。。いや、勝ちたくない(笑)
太陽なんぞと勝負したないっちゅうねんっ。。。

 しかし朝から洗濯ものをたっぷり(太陽さんお願いね♪笑)。。。で、昼飯の後、営業へ。。。先日とは別のMexicanレストランのオーナーと会う♪ほぼ受注か!?(←糠喜び厳禁。。。笑)彼女もまたMENUやチラシの作り変えを考えていたらしく、セマナ・サンタが終わって来週になったら電話をくれると言う。。。と言ったところで電話をくれる人はいないけど(笑)。。。ともかく見込みは一軒追加♪。。。で、太ったおばちゃんの店へゆくと今日は定休日。。。チッ。。。明日午前中にでも訪れてみるか?!

 ここGranadaの街で、わたしに興味を示してくれてるのは、前のホテルの兄ちゃんと、ビュッフェのオネーチャンたちくらい??(笑)。。。意外にここのホテルの連中はほとんど興味を示してないな(←もっともすっかりこのホテルにも慣れてしまって、意外に心地よく過ごしてはいるのですが。ワハハ)。。。前のホテルの兄ちゃんはおかしな奴で、ホテルの管理業務以外にも、注文配達の仕事もしていて、毎日2~3回は出会う。。。その度にアレコレと喋りかけてくる愉快な男なのだが、発音が悪くて正直彼が何を喋っているのか、わたしは余りよく分かってない(爆)。。。まあ、おおよその見当はつくが、くだらないことばかりだから別にどうでもいいが、それにしても楽しい奴だ。。。ビュッフェのオネーチャンたちは、こんなに長く毎日食べに来る外国人は珍しいのだろう、良くも悪くも"また来たわよ"って感じなのか??(笑)。。。食欲減退気味のわたしにアレコレ勧めてくれたり、質問攻めにしたりするのも居れば、モチロン、毎日これだけ顔を合わせているのに、愛想もないオネーチャンも居る(笑)。。。まあ、暑さにバテ気味で、食欲のないわたしが愛想悪いから仕方ないかな。

 カレー作りせなアカンけど、暑すぎて火を使う気になれない。。。(キッチンには扇風機もないしな。持っていかなアカンな。笑)

--------------------------------------------

 なんだかんだと言いながら、ビラ・デザインを裏表計21種類作成。。。まあ、好きでやってるので苦にもならないが♪(笑)
 しかしこれも本当に広島での経験が役に立っている。。。大阪での、うちの店は完全会員制だったので(信じない人が多いが、本当だから仕方ない。笑)、自分で飲食店をやっている13年間は広告というものとは無縁だった。会員向けと称してHomePageをせっせと作るのが唯一の写真撮影とデザイン??作業だったが、モチロン当時は素人丸出しで、とにかく写真がそこに貼り付けられれぱいいという感じだった。
 広島で3年間、フリーペーパーの発行に携わる。。。以前から何度も書いているが、これも不思議な話で、店を閉めて半年くらいスペイン語を勉強したら、さっさと中南米へ旅立とうと思っていたわたしに、友人のひとりがどうしてもと話を持ってきてくれたことがきっかけ。。。最初は断っていたのだが、条件もよく、アパレル時代から縁のある広島の地に(アパレル時代、広島~大阪・京都の担当マネージャーだった)2年間の約束でお世話になることにした。。。結局3年間、その会社にお世話になった訳だが、13年間の殿様経営(偉そうに好き勝手やってた♪)による怠慢と、よる年波と13年間のアルコール漬け生活から来た体力的衰えには勝てず、とてもじゃないが集中力を維持できない有様。。。大して(ほとんど何もと言うべきだな)役に立てないまま3年間の勤務を終えて、中南米へとやってきた。。。

 当初は、旅行パンフ用の写真撮影を片手間に、寧ろコックとして住み込みでもしながら働くことを考えていたし、実際Antiguaではその通り或る飲食店で働いた訳だが、一箇所に3ヵ月以上留まるならいざ知らず、1週間から1ヵ月で各地を転々とする場合にはコックとしての仕事なんて、どうしようもないことに気づく(汗っ)。。。しかも給料も安い(笑)
 ※旅行パンフ用の写真なんて一ヵ国につき10枚も要らないじゃないかっ!?(笑)そんなもんではどうしようもありませんね。。。ワハハ
 だがそんな時、ふとAntiguaのフリーペーパーを眺めていて気づいた♪。。。"汚い写真"。。。あっ、そう言えばわたしはフリーペーパーで料理写真を撮ってたじゃないか!?その為のマクロ・レンズも、広角レンズも持ってきているし、それなら経験済みだ♪という訳で、レストラン向けの写真を撮影することに。。。仕事はいくつか受注したが、思ったよりMENU用の料理写真は需要が少なくて、Bar-RestauranteのHP用に店内写真を撮る仕事が中心になってしまった。。。別にそれはそれでいいのだが、必ずMENU写真の需要はあるはずだと確信していたものだから、それにもこだわり続けることに。。。スペイン語学校のHP用写真を撮ったり、インテリアデザイナーのHP用写真を撮ったり。。。ホテルのHP用に室内写真とパーティ風景写真を撮ったり。。。と、やっぱり料理写真そのものの需要にぶち当たらないまま数ヵ月が過ぎ(笑)。。。慣れないHomePageも作ってみたが、やっぱり色々と大変で、仕事としてやる以上、こちらに最低限の自信があるものに絞ろうと考え直す。
 そこで再び、ハッと気づく。。。みんなサンプル写真は"素晴らしい"と褒めてくれるのに受注に繋がらないのは、MENUを作り変えるとのが面倒なようだし、どうも写真をMENUにペタペタ貼るくらいのイメージで"Menuに写真はいらない"なんて言ってるということ(ピンと来ていない)。。。だったら、こっちでMENUサンプルを作ればいいじゃないか!!。。。写真撮影だけでなく、広告デザインもフリーペパーで経験済み♪。。。印刷用の原理原則も現場の仕事を通して理解している。。。で、MENUサンプルを作ってレストランを回り始める。。。早速、サンプルが気に入ってもらえて2件の仕事を受注♪。。。だがどちらも正式にはMENUではない。。。"ああ、なるほど♪"。。。ここの人たちはわたしが"MENU用の写真を"とサンプルを見せて廻っているのを見て、MENUにある全ての料理を写真に撮って、すべてを変える必要があると思っているみたいだ(日本の居酒屋やファミリー。レストランなんてのはすべての料理が写真付きだがあんなのを作る気はない)。。。そんなバカな作業は必要ないし、ブサイク過ぎる。。。
 ということはMENUとしてアピールするのではなく、寧ろ、料理サンプル=見本として店前に飾れるようなものにすればいいと漸く気づく(笑)。。。中米では古い石造りの町並みを守る必要から日本のように看板なんかがない。。。電照看板は愚か、ポスターやパネルも何もない(だから道を歩いていても横からじゃそれと分からない。店前に行って初めてそこがレストランだと分かるくらいだ。しかもどこの店でもMENUなんて似たようなもの。だがモチロン、テーブルに出てくる料理の品質は様々。。。それが問題だ。注文してそれがテーブルに並ぶまでどんな料理を食べさせられるのか想像もつかない)。。。
 ちょうど1時間6品くらいの撮影で十分見開き2ページくらいの広告?が作れる♪・・・と言う訳で、MENUと同時にサンプル用にもデザインを作って、両方でアピールすることに♪。。。手応えはいいが、もうひとつのことに気づく。。。ここではフリーペーパーが少ない。。。適正な広告媒体そのものがないので、みんなビラを印刷して、観光案内書やレストラン、ホテルなんかに置いてもらっている。。。"これだっ!!"って訳で、ついにビラ作成に至るという訳(笑)。。。
 もちろん、Costa Rica辺りへ行けばフリーペーパーも多いかも知れない。それならそれでそっちのデザインも出来るし、どの道、リーフレットのようなものは必要とされている。いずれHomePageデザイナーとも提携するつもりだが、広告で見つけたWebデザイナーは彼自身のHomePageがわたし以下の代物だった。。。ガッカリ。。。
 そんなこんなで試行錯誤しながらもなんとか業務内容(笑)も充実してきた感じだし、クライアントの反応もいい。モチロン、今後もアレコレ試行錯誤を繰り返すしかないが、今の内容ならAntiguaやEl Salvadorで受注できなかったレストランも、きっと可能になったはずだと確信している。
 どうせ夜はすることもないんだから、毎晩PCに向かっていくつかのデザインを考えるくらい何でもない。この長いBlogも少しは短くなるだろう。(??ホントか??笑)

 ともかくも写真の仕事をするにもカメラひとつじゃダメってこと。。。デザイン制作だけでなく、仕事自体に色んなアイデアが必要だということ。。。アーチストじゃないんだから、自己満足ではなく需要に合わせて仕事を変化させてゆく必要があること。。。そして何度も言うように、これまで関わってきた様々な仕事が色んな部分で結びついて今日のわたしを支えているということ。。。大切なのは仕事を通じてそれをチャンスとして、何某かのスキルを積み上げてゆくこと。。。例えば、ひとつの企業にいて、自分に関係のない業務なんてものは何一つないということ。。。

 あなたに関係のない紛争や戦争はないということ。。。ただTVや新聞を眺めて他人事のように"ああ、知っている"と言うのではなく、自分がどう関わっているのかを知ること。真実の一端でもいいから自らの手で掴み取ること。。。それは限りなく、果てしなく困難な作業ではあるけれど、もしそれらに目を瞑り、耳を閉ざし、心を閉ざすなら、屠殺されるまで"美味い、美味い"と、飼料を貪り喰らい太り続ける続ける家畜小屋のcocheと何ら変わりはないということ。。。それは"愛"だとか、子孫繁栄だとか、"何よりも子供が大切だ"と言いながら、いずれ子供を屠殺されるしかない未来に(社会システムに)同意しているのと同じことだ。

------------------------------------------
 さて相変わらず、話は広がってゆくばかりだが(笑)。。。
 黒字になるかどうかは怪しいもんだが、なんとかそれを目標に掲げてやってゆくしかない(笑)。。。まあ、最初の計画に戻って、住み込みで飲食店でコックをするという手があるが、それだと生きてゆけても移動費用まで捻出できるかどうかは疑問が残るかな(笑)。。。
 まあ、なんでもやってみる、そういう人生最期の=死ぬまでの=つかの間の"冒険"ですから♪(笑)

-------------------------------------------

 このBlogを読んだ人からの感想は大半が"なんだか楽しそうですね♪"というもの(笑)。。。楽しいかどうかよく分からないが、独りは大好きだし、それこそ"死ぬも生きるも自由"だし、今日仕事するもしないも自由だ♪(郷愁だとか、寂しさだとか、そんなもんは感じたことがない。。。昔からね。笑)。。。ちなみに個人的にメールのやりとりをするなんてことも、ほとんどありません。。。用事でもない限り、友人たちにもほとんどメールを送ったりしてませんし(いまだに一度もメールを送っていない連中へ。。。ゴメンな。笑)。。。わたしにとってはこのBlogが友人たちみんなへのメールだと思っているので、これ以上に何も近況を知らせるようなこともない訳で(これ以上、書くネタがない)。。。これを読んでない連中はわたしの近況に興味もないと言える訳だし(笑)
 さて、話が逸れたが、わたし的には脳味噌の半分は"怒りと絶望"に満ちているつもりなので、このBlogを読んだ感想の多くが"楽しそうですね♪"というのには、聊か首をかしげたくなるのだが、まあ、長文のBlogを読み飛ばせばそうなるのかも知れないな(笑)。。。
 毎日それなりに色んなことはある訳だが、日本で働いていた時のような"訳の分からない苛立ち"=ストレスみたいなもんはない(笑)。。。アレはいったい何処から湧いてくるんだろう??

ニカラグア 37日め(脱日本300日め)・・・19.Marzo de 2008(miercoles) [Nicaragua日記]


◆これ以前のBlogは http://antaios-nuevo.blog.so-net.ne.jp/


◆わたしの前に佇む教会。。。blog移転記念??(笑)いずれ削除します。期間限定です。笑
・・・という訳で編集削除(笑) 2008.3.23 それにしても覇気のない表情でしたな。ワハハ


 300日め~♪だからどう??(笑)丸1年まであと65日もあるな。。。汗っ
今日は朝飯を抜いてみる。。。正確には小さなパイナップルを丸1ヶ食べたので朝食抜きというには程遠いけれど(笑)。。でビュッフェで昼飯を食ったのだが、いつもと違う一皿があって、ちょっと嬉しかったりする♪(小さなシアワセ。笑)
 毎朝フルーツをたくさん食べて、お昼をビュッフェで済ませて、夜にベーコンエッグとパンと珈琲ってのもいいかも知れない。それなら屋台で売っている焼肉や鶏肉を買ってきてパンと一緒に食べてもいいし、そうしようかな?!

---------------------------------

 七面倒くさいso-netのBlog新規登録を済ませて、"反骨の扉Ⅲ"と名づけました。。。(笑)
今回はちゃんとIDを控えましたよ(笑)

 さて、明日から本格的にセマナ・サンタに突入するというが、あちこちで、すでに閉まっている店やレストランを見掛ける。いつもグレープフルーツを購入する店で、caimitoというフルーツを勧められる。買って食べてみたが、味はなんだろ、"白い"柿みたいな感じもするが、とにかく凄いアクというか、山芋のような粘りがある。。。手がベトベトで張り付いてしまうくらいだ。。。口の周りが痒くなる人もいるかも?アレルギー系の人は要注意かも。。。
 ついでに教会の前で真っ黒なバナナを売っていた!!驚きのしなびた真っ黒バナナ。。。皮つきの乾しバナナ??いや触ってみたが柔らかくて乾燥している訳じゃない。。。ここのホテルの人間に訊いてみたが、彼も一度も食べたことがないと言う(やっぱり怖いよな。笑)。。。伝統的な食べ物らしいが、調理用バナナをそのまま長期間放置熟成させたもの(あんぽ柿のバナナ版)。。。その名もpasado(時間が過ぎたという意味)。。。食べる勇気??えっ、ありませんよ(爆)。。。多分、誰かと一緒だと買ってみて齧ると思うんですが、ひとりで食べてみても面白くもなんともないので止めときます♪

 最近、営業は夜回りばかりで、それが晩飯を作る気をなくす一因でもある。調理して、食事して、洗い物して、それから仕事??それは何がなんでもイヤですよ、やっぱり。。。
 という訳で、今夜も8時半過ぎからテクテクと夜回り。。。

 で、4件め受注~♪わ~い♪(缶ジュースで乾杯中。笑)
今回はちょっと変わった受注(笑)。。。というのも写真は、ほぽ必要ない。。。なんで??(笑)
オーナーのElletaは一目見て、わたしのサンプルを気に入ってくれる♪・・・がそこから話がややこしくなるんだが(笑)、で、話をしてゆくと、印刷とパウチをして欲しいと言われる。。。"まあ、それはサービスしときましょう"と言って合意。。。で、"いつ料理の写真を撮りましょうか?"と訊いたら"必要ないわ"なんて言われてしまう。。。へっ!?意味わかんないんですけど??。。。彼女曰く、客は値段しか見ないから写真はMENUには必要ないという。。。じゃあ、わたしは何をすればいいの??って感じ。。。彼女の希望は"店の看板をカッコよく写真に撮って、MENUの頭部分に入れて欲しい"というだけ(笑)。。。ロゴマークのデータとかがなくて、看板だけがすべてらしい。。。で、今の文字だらけのMENUをもう少しカッコよくしたいだけらしい。。。そんな仕事じゃお金にならないじゃん!?(写真の仕事がメインなので、1枚のデザインはたった5$だから両面で10$だけ??)と思っているわたしに、彼女は"6セット欲しいから5$x6枚で30$でいい?"と訊いてきた。。。写真の仕事が1時間30$だから即座にOK♪(笑)実際にデザインするのはMENUの上のスペースだけで、後はただ文字打つだけ。。。いいのか?それで??(笑)こうやって書くと話がスムーズに進んだみたいだが、実際は大変だった(爆)。。。どうにも彼女の思惑と、わたしの提案と、彼女の料金計算とわたしのそれが合わない訳で、話がゴチャゴチャに。。。しかも彼女はいくら前金がいる?とか、こっちが予想もしないことを訊いて来るのでアタフタしました(笑)。。。辛抱強い彼女のおかげで話がまとまったようなもの(笑)ありがと、Elleta♪
 ただモチロン、ひとつ問題があって、実はここGranadaには一台のレーザープリンタもない。。。ウソみたいな話だが、ここ2週間探しまわった結果だから真実だ(以前、ピッツェリアのオーナーにも"ここじゃ印刷できないのよ"と言われてた)。。。あるのはインクジェットだけ。。。一軒の店でレーザープリンタできると言われて、出来あがってみたらインクジェット。。。店員にしつこく詰め寄るが彼女はレーザープリンタだと言い張る(笑)。。。で、翌日こっちの見本を持って、もう一度詰め寄ると"そのタイプはないわ"だとさ(怒)。。。どうもレーザープリンタを見たことがないので、カラープリンタはそれだと思い込んでるみたい。。。あはん。。。それにパウチもここでやると、とてもデキが汚い。。。どうもパウチのプラスチックが薄いみたいでヘニャヘニャ。。。
 そんな訳で、この依頼の為にはManguaか、Leonへ行かなければならないが、どうせLeonに撮影にゆく予定(あくまで予定なんですけどね)なので、そのついでに印刷して来ようと思っている。

 もう一軒は、以前のパターンと同じで長年の付き合いのカメラマンがいるので、そちらを使うというやつ。。。で、"名前を知っているか?"と説明されたのは、ここNicaraguaで唯一まともなフリーペーパー"Anda Ya!"の専属カメラマンAntonioだった。。。風景や人物写真などはともかく、商業写真としてはそれほどの腕前ではないが、仕方ない。。。という訳でわたしは彼の職域を荒らしている訳ですな。。。(なんかいずれ何処かで出会いそうな気がしないでもないな。笑)
 ※実はここへ着いた当初、"Anda Ya!!"の事務所に仕事を貰いにゆこうと思ったのだが、編集に名を連ねているAntonioが"Anda Ya!!"の紙面に、カメラマンとして個人広告を載せているのを見て、諦めた経緯がある。ワハハ

 さて。。。明日にでも早速、看板を写真に撮ってデザインに取り掛かろう。。。その後、Leonの地中海レストランへ電話をして、撮影日を確認しなければ。。。(多分、セマナ・サンタの期間中に店を閉めて改装するはずなのでタイミングとしてはちょうどいいはず。)


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 38日め(脱日本301日め)・・・20.Marzo de 2008(jueves) [Nicaragua日記]

 朝から、10時に約束をしたカフェへ出掛けるが不在空振り(昨夜訪問して"明日の朝10時に来てくれ"と言われた)。。。こんなことばかり繰り返してます(笑)。。。セマナ・サンタの所為でしょうか?街には観光客が大勢押し寄せていて、カフェやレストランは満席。。。この調子ではセマナ・サンタが終わるまでは営業は難しいかも。。。まあ、ボチボチとは周り続けますけどね♪

 そろそろホテルにアプローチ開始します。イマイチわたしの方がピンと来てないホテル周り(笑)。。。だがこれまでにも受注してるし、もうレストランはほぼ全店周ったので(会えてないところはまだあるけれど)次の展開を探らないと。。。


-------------------------------------

 そんなこんなで材料を買ったにも関わらず、カレー作りもせずに相も変わらず、別に食う気もなく街へブラブラしに出掛けようと思ったら、ビュッフェのオネーチャンに声を掛けられて、大してうまくもないビュッフェで昨日と同じ炭焼き肉を食う羽目に。。。飽きたわ。。。(笑)
 その後、ブラブラしようと中央公園まで出掛けたら物凄い人混み。。。ビックリするくらいの人混(砂埃)。。。だが、別に何がある訳でもない。町内会単位??(笑)でカテドラルまで歌を歌いながら歩いて参拝するのだろうか、賛美歌と言ってもギター伴奏のフォーク・ミュージックみたいなもの。。。屋台が出ているので所謂、夏祭りに当たるのだろう。。。GWと夏祭りが一緒になった感じだから、別に取り立てて何もないけれど、街中、人・ヒト・ひと。。。

 別段ゆく宛てもなく、ブラブラしてたら、今朝方、約束の時間に現れなかったカフェのオーナーと出会う。。。わたしは何の用意もなく(仕事の時はサンプルファイルした営業ツールを持ち歩いている)手ぶらで挨拶を交わして通り過ぎるつもりだったが、彼がわたしを呼びとめる。。。で、彼の言った言葉が"ところで何の為にうちの店へ来たの??"(笑)。。。そりゃそうだ。昨夜は忙しそうにしてたので、何の目的で来たかも喋らずに会う約束だけしたんだった(笑)。。。で、説明したら、彼はHP用に写真を撮って欲しいという♪しかも2時間♪わーい♪
 5件め受注~♪バンザーイ♪うひっ♪
彼はわたしのサンプルも何も見てないが、その場で決まりました♪まあ、明日にでもサンプルを持ってゆくけれど、彼を捕まえるのが難しい。。。彼の方でも、いつもわたしが店前を通らないかどうかチェックするよと言ってくれる(笑)

 で、ホテルに帰ってきたら、オーナーとここに住んでいる客とか酒盛りしてるところに出くわす。。。で、紹介されたついでに何故かビールを2本奢ってくれました♪日本語の話題で喜んで戴けたみたい♪ともかく外国人が驚くのは日本語に3つの文字があるということ。。。ひらがな、カタカナ、漢字の3つで自分の名前を書いてみせたりすると、もう喜んで喜んで♪子供のように自分の名前もひらがな、カタカナ、漢字にしてくれとウルサイったらありゃしない(笑)。。。そんなこんなで遊びながらビールを戴きました♪お祝いかな??(笑)だが連中が酔っ払って来たので相手してるとキリがないから"オヤスミなさい"と言って部屋へ逃げ込んできた(ワハハ)
 お酒は大好きですが、仕事以外で(友達でもないし)酔っ払いの相手をするのは苦手です(笑)。。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 39日め(脱日本302日め)・・・21.Marzo de 2008(viernes) [Nicaragua日記]


 お昼過ぎ、相変わらず人混みだらけの街をブラついていると、procecionらしき楽隊の響きが聞こえてくる。。。見るとparque centralの一角に大勢の人たちが集まっている。。。

semana-santa-061.jpg 

procecionそのものを見飽きたという話はしたと思うが、これだけの人だかりなので、やっぱり覗いてみることに。。。どいう訳か中央公園へと通じる通りの中でも一番狭い通りを埋め尽くすように人々が行進してくる。。。牛歩戦術か(古!?)と思われるくらい一向に行列は進まず、"音はすれども姿は見えず"というやつだ。。。

semana-santa-093.jpg

ゆっくりゆっくりと練り歩く人々の群れ。。。マーチングバンドの奏でる葬送行進曲??(笑)に乗って、街宣車のスピーカーから賛美歌らしき歌詞が読み上げられ、ハミングのように低い人々の歌声がそれに応える。。。

semana-santa-114.jpg

semana-santa-125.jpg

semana-santa-139.jpg 

しかし凄い人だかり。。。要はいつもと同じprocecionなのだが、semana santaのメイン行事なのだろうか?行列も凄いがそれを見送る群衆も凄い(←わたしのような野次馬的観光客たちも♪笑)あちこちから差し出されるケータイカメラの腕が邪魔(←お互い様だが。笑)。。。ついでにきちんとした写真を撮るには、行進する人々の日傘も邪魔、こんな日にも関わらず歩道に駐車してある車も邪魔、行進の流れを見ずに反対方向を見たりしているとぼけた観光客たちが邪魔(笑)。

semana-santa-206.jpg

semana-santa-214.jpg

semana-santa-232.jpg

semana-santa-248.jpg

semana-santa-286.jpg

semana-santa-299.jpg

 夕方、街へもう一度出掛けたが、もう屋台も姿を消している。。。ということは昼間のprocecionがやはりメイン行事だった様子。。。本格的な休みのスタートというところか。。。午後から一般の店はほとんど全て閉店してしまった(スーパーマーケットですら午前中だけだったみたい←ちゃんと見越して水は買い込んだ♪)。。。地元の人たちは自宅で家族と過ごしているのだろう。人影はまばらだ。。。だが、一方で観光客向けのレストランは満員御礼。。。観光客たちは他で食事する術もなく一斉にレストランへ押しかけた感じだ。。。今夜は営業なんて絶対ムリ(笑)

semana-santa-351.jpg
◆両親に、多分、イエス??の格好をさせられて記念撮影中。。。

semana-santa-360.jpg

---------------------------------------------

 カフェの仕事は明日の日暮れ前1時間と、あさって夜10時頃から1時間ということに。。。明日は別に頼まれてもいないけど(笑)、ニカラグア湖の日の出を撮りに出掛けようと思う。彼のHPのためにはいくつかの周辺写真が必要だし、いずれにせよ、いつかニカラグア湖の朝日を眺めに出掛けてみたいと思っていたので丁度いいキッカケだ♪湖だけでなく、カテドラルから湖へ一直線に続くcalzada通りを撮ってみたい(カフェはカテドラルからのその通り沿いにある)。。。真っ直ぐに湖へ続く誰一人いない大通り(とは言え湖まで見通すことは出来ないのだけれど)。。。朝陽の差し込むそんな写真撮れれば一番いいのだけれど、さすがに日の出後となると"誰一人いない"なんて、それは難しいだろうなぁ。。。逆行になるから、日の出直後のまだ柔らかい日差しで通りを撮りたいところだが、そうなるとニカラグア湖の日の出は撮れないな(湖までは真っ直ぐ直線で10分くらいある)。。。どうしよう??まあ、状況次第か。。。どちらにせよ朝5時起きだな。。。まあ、どうせ昼寝するからいいけど(笑)


◆これ以前のBlogは http://antaios-nuevo.blog.so-net.ne.jp/"


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 40日め(脱日本303日め)・・・22.Marzo de 2008(sabado) [Nicaragua日記]

 

lago-de-nicaragua-026.jpg
 前日から朝遅いホテルの住人たちに早朝からドアを開けて貰うようお願いをして置く。。。予定通り、朝5時に起きて、彼らのうち一人を叩き起して(笑)5時半前にホテルを出る。。。だがすでに空は白み始めていてちょっと焦りました(笑)。。。小走りにcalzada通りへ急ぐ。。。時々立ち止まって、真っ直ぐに湖の方面から薄明かりが差し込んでくるのを撮影しつつ、先を急ぐ。。。なんとかギリギリ間に合いました♪ワハハ(これで間に合わなかったらシャレらならん)

lago-de-nicaragua-033.jpg

lago-de-nicaragua-042.jpg

 昼間はとてもキレイとは言い難い湖だが、朝日が湖面に反射してキラキラと輝く分には十分写真として使える(笑)。。。だがやはりAtialan湖のようなあのペイントしたかのような碧さはどこにも見当たらない。。。相変わらず、ムダ撃ちの多い撮影で(汗っ)たくさんのシャッターを切る(笑)。。。デジカメは便利だ。。。フィルム時代だったら、とてもじゃないが、カメラを仕事には選ばなかったろう(笑)

lago-de-nicaragua-132.jpg

lago-de-nicaragua-192.jpg

lago-de-nicaragua-213.jpg

lago-de-nicaragua-259.jpg

lago-de-nicaragua-291.jpg

 帰りにもう一度、湖の方を振り返りつつcalzada通りを撮る。。。parque centralからもカテドラルを縁に入れて撮影。。。時刻は6時半。。。ホテルへ帰ってもまだ連中は寝てるだろうからホテルの玄関を開けて貰えそうにないので(笑)、公園のベンチで持参したペットボトル(ブラックティーを淹れて冷やしてある)とグレープフルーツ1ヶを貪りつつ7時まで時間を潰す。。。

lago-de-nicaragua-429.jpg


 で、ホテルへ戻ったが案の定、扉はまだロックされたまま、大きな声で10回くらい叫ぶが誰も答えない。。。隣りの家の婆さんが笑ってる(笑)。。。仕方ない。朝から叩き起したし、腹も減ったし、今朝はどこかで朝食でもゆっくり摂ってからもう一度トライしようと来た道を戻る。。。スクランブルエッグにベーコンと、フライドポテト、トーストにコーヒーという自分でも用意できる朝食だが、1軒米国人の経営している店があって、ボリュームもあるし、コーヒーのお代りもできる(3.5$だから安いとも言えないが、マクドでも5$くらいするのでやはり安いと思うべきか)。。。そして8時過ぎもう一度ホテルへ。。。ダメだ。。。まだ寝てる。。。だがさすがに今度は引かないぞ、とさらに大声で続けさまに怒鳴る(爆)。。。さすがに起きてきた♪

 部屋に戻って、すぐに寝ようと思ったが、やっぱり写真のデキが気になる。。。1時間ほど写真をPCに取り込んで何度か見直す。。。でシャワーを浴びて、9時前に眠くなってきたので就寝(笑)。。。でも10時にはやっぱり目が覚めてしまった。仕方ないな。。。

-------------------------------

 そうそう、結局カレー作りを断念しました(笑)。。。Guatemalaを出る時に調味料をいくつかリュックに詰めて来たのですが、その中にあると思っていたクミンシードをLeonで飛び散らせてしまっていたのと、AntiguaでもSan Salvadorでも見掛けたコリアンダー(こっちではcilantroと言って、葉っぱをごく普通に料理に使うので珍しくもなんともないはず)のシード粉末が入手できないため。。。肉類は買ってなかったので、ムダになるのはトマト4ヶと玉ねぎ4ヶ。。。先日のビールのお礼にホテルの人に上げました(←なんで??って顔してたけど。笑)

-------------------------------

 で夕方5時から撮影。。。何処も同じく時間までに準備が整っているなんてことはない(笑)。。。5時過ぎから準備を始める始末だ(笑)。。。まあ、難なく撮影を終了して明日の時間を確認したら、わたしの聞き間違えで今夜10時だった(汗っ←まだまだ怪しいなスペイン語。笑)。。。さらに時間を11時スタートにしてくれと頼まれて了承。。。で、一旦ホテルへ戻って食事をしてシャワーを浴びて、ゴロ寝。。。と思ったが、ホテルの連中が爆音パーティしてる。。。はひー。。。とてもじゃないが仮眠も取れないまま11時にカフェへ。。。いくらGranadaが安全とは言え、この時間からカメラ一式を抱えて出掛けて夜中に戻ってくるのはちょっぴり不安がないとは言えない(うちのホテルはレストラン街からは離れた場所にあって夜は極端に人通りが少なくなる)。。。モチロン、別に何事もなくカフェへ到着するが、まだ人の集まりが少ないということでドリンクを戴きつつ待機(笑)。。。そろそろ仕事を始めるが肝心のダンスルームに人が集まらない。。。1グループが踊っていたが、そのうちの一人が写真を嫌うのと、所詮4人組ということで写真としては寂しいもの。。。そのうち集まるかと思ったら爆音DJを聞きながら立ち飲みする連中ばかり。。。夜の撮影はダンス・グルーブを、という注文だったが、これじゃ満足に撮れやしない。。。オーナーに相談するが"踊らない時は踊らないから仕方がない"の一言。。。そういや、cafecitoでもsalsa night撮影の時にオーナーは一言すら頼まなかった。。。日本だと最悪"ビール1本奢るから踊ってよ"とでも言うところだが、これが個人主義というやつか??。。。お客さんにモノを頼むなんていう発想自体がそもそもない(笑)。。。30分ほどサービス残業してあげるがどうしようもない。。。まあ、帰りにビールを2本戴いてきましたが(笑←最近、タダ・ビール多いな♪)
 でホテルへ帰ってきたら、ちょうどパーティが終わって解散したところ♪まるでわたしを迎えに出てきてくれたのか?と思うくらいドンピシャのタイミング♪今夜は静かに寝れそう♪
 今朝は5時起きだったし、もう夜中の1時だし、写真も気になるが、それは明日ということでBuenas Noches........zzzzzzzzzzzzzz

 

◆これ以前のBlogは http://antaios-nuevo.blog.so-net.ne.jp/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 41日め(脱日本304日め)・・・23.Marzo de 2008(domingo) [Nicaragua日記]

 


 ああ、美味しかった。。。♪
久しぶりに?いや、初めてくらい贅沢しました♪お腹もいっぱいです♪
・・・と言ってもチップ込みで18$くらい(2,000円くらい?)やから、日本で週2回くらいフレンチへ行って普通に1回1万円以上使ってた頃と比べればお話にもなりませんが(笑)。。。5件受注して飲んだのはビール1リットルとワイン1本の2回だけやから、その分と思えばいいか♪
 実は今日は一日中PCで写真を精査する以外は何処にも出掛けず。。。しかも朝も9時過ぎに目覚める始末。。。おまけにかなり疲れてたのか、午後もぐっすり夕寝。。。
 でインターネットをした後、食事に出ることに。。。ついでに地中海レストランD*****のオーナーに会おうと出掛けたが生憎の不在。。。なんとなく気が向いて、そのままそこで食事することにする。。。Menuを見たら意外にも高い!!(汗っ)。。。ここまで来たら仕方ない(笑)。。。長いこと魚介類を食べてないなと思いつき、シーフード・パエリアを♪とビール1本(小瓶ですよ)。。。で、料理を待っていたら籠盛りのパンがサービスされてきた。。。ちょっと摘まんだら美味しい!!(特にここGranadaにはロクなパン屋がなくて)。。。パンとバターだけ出されても、注文したのはパエリアやし。。。で、生ハムとサラミの盛り合わせを半分の量にして貰って注文♪本物のプロシュートや♪。。。仕方なく(笑)グラス・ワインを追加。。。ワハハ。。。こうなりゃゆっくり食事するしかない♪。。。パエリアは珍しい土鍋式のもの(パエリアパンが手に入らないからか?)。ちょっと味が濃かったが美味しく戴きました♪
 まあ、そんなこんなで久しぶりに贅沢な食事をする♪有り金使い果たすまで毎日こんな食事してさっさと逝くのも悪くないな♪なんて思いつつ。。。ワハハ

 

※補足)【ニカラグア 23日め・・・5.Marzo de 2008】の記事について。
 どうでもいいかも知れないが(笑)、中米での職業について"イタリアンPizza職人"が有用だろう、と書いたが、ここで要求されるPizza職人のテクニックは皿回しのようなピザ生地の伸ばし方ではない。そんなものは二の次、三の次で、一番大切なのは石窯の火を操ることだ。当たり前のように日本のイタリアン・レストランのように電化pizza釜がある訳ではない。(ここでもナショナル・チェーンのファースト・フードPizzaには電化窯があるだろうけれど。笑)薪を使って火を操るのが100%当然のことだし、薪も製品化された日本のそれとは違って、大小さまざまな天然木を使用することになる。だからひたすら勘に頼って温度管理をすることになる。それが出来て初めてpizzaが作れる。という訳で、わたしはここではpizza職人にはなれません(そんな経験したことないしな。笑)。

 

◆3月17日以前のBlogは http://antaios-nuevo.blog.so-net.ne.jp/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 42日め(脱日本305日め)・・・24.Marzo de 2008(lunes) [Nicaragua日記]

 はあ~っ。。。それにしても。。。ここGranadaの人たちはとにかく皆が皆、時間というか、約束に対していい加減だぁ(呆)。。。 朝10時前、約束のBar-Restaurante H****へ。。。誰もいないどころか閉店してる。。。昨夜でセマナ・サンタが終わった訳で、大体あの夜の約束の時点でホントかどうか訝しかったので、2度確認したのだが。。。それでも撮影の為に開けるつもりか?と10時まで待ってみる。。。モチロン誰も来やしない(呆)。。。で、オーナーのケータイへ電話。。。"いや、ちょっと問題があって、今週の土曜日11時にしてくれ"と言う。。。問題??ウソつけ(笑)。。。忘れて寝てた癖して。。。ええ加減にしてくれや、ホンマ。。。
 という訳で、土曜日の午前11時に変更(笑)。。。しかし、こんなこと繰り返してるとこっちが忘れそう。。。汗っ

---------------------------------------

 夕方G****に版下デザインの確認にゆく。。。とっても気に入ってくれて、ついでにわたしのPCのデスクトップにあった先日のニカラグア湖の写真をみて、昼間の青い空とニカラグア湖を撮って、MENUの背景にして欲しいという。。。朝陽の写真はMENU背景としては暗いので明るい写真が必要なのだが、残念なことにニカラグア湖の水は黒くて汚いと言ってみたのだが。。。ともかく"ともかくやれるだけのことはやってみる"と追加料金で引き受けました♪(青空に焦点を合わせたものと、海を白飛ばしにしたもの2枚の合成写真しか方法はないと思う。まあ、三脚を固定すれば難しくはないが、それにしても水は汚いので、薄くはなっても青くはならないだろう。。。)
 で、ついでに2件のオーナーをよく知っているから行ってみなさいと勧めてくれる。まあ、それだけでなんとかなるものでもないが、ともかくも1軒は前からオーナーと会えずにいたところだし、もう1軒はすぐ隣りなので気が引けていたが、これで行きやすくなった♪ちょっとでもそうやって言ってくれるだけでもありがたいものです。

明日は朝10時に紹介されたC****へ。。。ついでに同じく紹介してくれたR****にも寄ってみようっと。
午後昨日、食事をした地中海レストランD****と、すぐ真向かいのメキシカン・レストランJ****へ。
ついでにピッツェリアに修正上がりの最終確認をとって、多国籍レストランのロゴを貰いに(←まだ貰えてない。。。笑)なかなか忙しいやん。。。あっ、その合間を縫って、湖に写真を撮りにゆくのと、先日のカフェN****に写真を届けに行かなくては。。。汗っ。。。なんかスケジュール立てな忘れそうやな(ムダに歩き倒すイヤな予感。。。笑)
 あっ、インク切れしてたコピー屋へ行って水性インクやけど取りあえずカラー印刷せな。。。
 ホントちゃんとオーナーとスムーズに会えればもっと簡単なはずなのに、何処も会うまでが大変。。。で最後は受注した後の撮影時間が大変(笑)。。。まあ、ラティーノ相手に仕事するってのはこういうことなんでしょうかねぇ。。。

---------------------------------------

 とっても面倒なことに気づく(遅い!?)。。。MENUの背景に写真を配置する作業。。。いや、普通に考えればどうってことはないような気もするが、ところがどっこい(笑←オヤジ臭??)。。。MENU部分だけだとA4サイズなのでエクセル・シートでOK。。。だからそのつもりでエクセルで仕上げていた。。。だが背景写真を入れてタイトル部分と違和感のないように印刷するにはエクセルでは問題がある。。。したがってMENUをすべてphotoshopに移し替えなければならない(ここでは印刷はjpgでしか持ち込めないのでillustratorよりphotoshopで解像度300-350で作った方が作業が一辺で済む)。。。当然、シート式ではないので、一列毎にコピペして、縦位置、横位置をリンクさせて。。。はあ、面倒(笑)。。。こんなことならもっと追加料金貰うんだった。。。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ニカラグア 43日め(脱日本306日め)・・・25.Marzo de 2008(martes) [Nicaragua日記]

 朝グレープフルーツを一個頬張るなり、すぐに洗濯開始(笑)。。。手洗い洗濯って大変です。。。なによりも水道の問題が・・・この際だから、中米の洗濯事情を説明して置こう(笑)
 と言うのも、ここ中南米では大半の家庭が洗濯機を所持していない。彼らは今でもコンクリート作りの洗い場を各家庭に設置している。。。その主な形はこうだ。
 中央に水甕と言うべきコンクリ製の水槽があり、そこだけに水道が付いていて常に水が張られている。。。両脇にはふたつの洗い場があり、ひとつは食器用でただのコンクリ流し台。。。もう片方は衣類洗濯用で、流しの底がコンクリートで波型に設えてある。
 洗い方といしては、大きなバケツに水と衣類と洗剤を揉み込んで数時間置いておき、その後必要に応じて波型の流し台で揉み洗いする。。。だが、客人用には余分なバケツがないのが常で、我々は漬け置き洗いではなく、その場で揉み洗いするしかない。。。問題は水道が中央にしかないこと。だから小さなタライで水を汲んでは衣類に流し掛けて洗剤を流し落とすしかない。。。何回も何回もこの面倒な作業を繰り返す。。。水道にホースなんて付いていた試しがないし、あったところでホースを固定できなければ蛇口からの水で洗剤を洗い流すことは不可能だ。。。当然周囲は水浸しになるし、こっちの衣類だって濡れずにはいない。まあ、わたしなんかは衣類の量がしれてるからいいが、多ければ市内のランドリー(クリーニング店?)を利用するしかない。だがかなり割高なので少量で利用するのはバカげている。。。

-------------------------------------------

 さて、アレコレしなきゃと意気込んで街へ出たものの、とことんレストランは閉店してる。。。アハン。。。昨日訪問して"明日か、あさってならオーナーもいると思うわ"なんて言われた店まで休みじゃないかっ!!。。。おまけに昨日から連休中の店もあって、ほとんど目的は果たせず。。。やっぱりムダに歩き倒しました。。。トホホ。。。汗だくでホテルへ戻る度にシャワーを浴びずにはいられない。。。もっともシャワーを浴びた後、出掛ける時は生渇きの同じTシャツを着るハメになるのだが。。。ガハハハハハ(イチイチ着替えてたらTシャツ1日に4枚くらい要ります)

 でようやく多国籍レストランのロゴデータを入手(笑)。。。まあ、顔を覗かせる度に、"ビールを飲むか?"と言ってくれるので嬉しいのだけれど♪アハハ。。。で、ありがたいことにGlendaのもうひとつのビジネスであるインドネシア雑貨インテリアの輸入販売業の方でもわたしに写真を撮ってくれと言う♪おまけに4月3日が彼女の誕生日に当たるので店を閉めてパーティをやるらしい。その時も"パーティの写真を是非撮って欲しい。ちゃんと支払うから♪一緒に飲んで食べて騒ぎましょう♪"と言ってくれる。6件目と7件目を同時に受注~♪しかもパーティ招待券付??(笑)。。。これが確実なら最低目標の宿泊費はクリアできる。
 ホントに何処でもこうやって誰かがわたしを可愛がってくれる。。。もうすぐ47才のオヤジなのに(モチロン、わたしより十歳くらい年下の人たちも多い。笑)
 ※かつての記述の訂正。。。ItalianoはMarcoではなくGeorge。。。でご主人ではなく、共同経営者?出資者?らしい(笑)。。。Costa RicanaのGlendaのご主人は画家でFrancesのMarco。そしてふたりの別のビジネスがインドネシアのインテリア家具等の輸入販売とご主人の絵画販売。。。ああ、ややこしい。。。イタリア人とフランス人とコスタリカ人と、ニカラグア人スタッフと日本人のわたし。。。なんだここわ??(←多国籍レストランの名に恥じないメンツだな。笑)

----------------------------------------------

 午後ニカラグア湖へ撮影にゆく。。。日本人らしき男の子が湖を背景に自分でセルフ写真を撮るのに苦労していたので、声を掛けて撮ってあげる。。。と彼は韓国人だった(笑)しかも何故か日本語が喋れる!!(驚)。。。まだ二十代後半の彼は元Corean Air(大韓航空)の職員で現在2年間に渡って世界旅行をしているらしい。。。で日本語を何処で学んだんだと訊いたら"高校生の時に学校で学んだ"と言う。。。そんなもので喋れるのか??相当賢いな(汗っ)。。。

 まあ、そんな話は置いといて、湖はやはり汚い。。。どうにも水が黒い。。。朝陽が反射してる分には逆光だから黒いように見えるが、真昼間でも同じように緑黒い。。。溜息が出そう(笑)。。。30枚くらい露出を変えて撮ってみたが、どうにもならない??ワハハ
 ・・・と思って諦めていたが、ホテルへ戻って見たら、"偶然にも(笑)"ホントにたったの一枚だけ光の反射加減で湖が青味がかっているのがあった♪まぐれだ、まぐれー♪バンザーイ♪写真そのものとしては何の魅力もないが(笑)、背景として処理するには余計なものは必要なく、寧ろ背景色のグラディエーション的な効果と考えるべきだ。
 ということで、それをMENU背景に挿入。。。まあ、なんとか使えるんじゃないだろうか?文字を見やすく加工して、出来あがり♪後は明日チェックして貰うだけだ。

lago-de-nicaragua-027.jpg
◆普通に撮った汚いニカラグア湖。。。ちなみにマナグア湖はもっと汚かった。。。

lago-de-nicaragua-035.jpg
◆たった1枚だけ偶然にも青く写ったニカラグア湖(笑)。。。写真は加工してません。同じ露出でも他のは緑黒色の水。

MENU-002-2.jpg
◆背景処理したMENUイメージ。(上部にロゴマーク写真をあしらったタイトルが付く)

--------------------------------------

 Leonの地中海レストランM*****へ電話をしたが、生憎オーナー夫妻はおらず、電話口に出た店員とは全くスペイン語が通じなかった(汗っ)。。。ようやくわたしが誰か思い出してくれたが、そこからまた話が通じない。。。こっちの人たちは電話口でも同じようにデカい声で喋るので声は割れているし、何度頼んでも早口だし、全然分からない。。。ハヒー。。。明日また電話しよっと。。。涙。。。


----------------------------------------


 さて、実はセマナ・サンタに入る前に新聞で或る記事はを見掛けた。。。ニカラグアの平均収入についての統計記事だ。。。そこでは昨年対比で年間10%の減少、11月単月では同月対比16%の減と書かれていた。。。どうやらニカラグアは現在、不景気に真っ逆さまに突っ込んでゆくかのようだ(インフォーマル・ビジネスが大半なので公式な統計だけでは景気指標としては信用できないが、ひとつの傾向としては確かだろう)。。。それどころか驚くべきは、その月収だ。。。月当たりのサラリーは11月なんと1422C$(約74$ほど)。。。一日当たりにすると僅か57C$(約3$)にしかならない。。。安食堂のビュッフェでさえ1回の食費がそれくらいするのにだ。。。これじゃあ、とてもじゃないが暮らせる訳がない。。無論、これは平均だからこの通りのサラリーを貰っている人がいる訳じゃない。平均値というのは一般的な水準よりこの場合は低くなっていると考えられる。。。
 ちょうどその時、ビュッフェのオーナーと世間話をする機会があったので、"どう思うか、これが真実なのか"と、訊いてみた。。。わたしの質問を訊いて、彼の機嫌はすぐに悪くなったが(笑)、彼の答えはこうだ。。。"ここでは仕事を見つけることがとても難しい。オメテペ島なんかでは一日20C$くらいだし、ここGranadaでも33C$くらいが相場だ"と言う(してみると彼のところはそれくらいしか支払っていないということだ。そりゃこんな質問を従業員もいるところでされたら困るわな。ワハハ)。。。
 しかしこれは笑いごとなんかではない。コーラ600mlが10-12C$するのに、水600mlが8-10C$するのに、1日働いて20-33C$というのは、さらに新聞記事を上回る驚くべき金額だ!!。。。つまりは仮に1:3くらいの比率に換算すると、企業勤めしている人たちは1日当たり150C$くらい稼ぎ、街中の個人商店や個人飲食店で働くような人々は20-33C$程度しか稼げないという構図だ。150C$でも僅かだが、20-33C$などというのは一回の食費にも満たない金額だ。(1:3という比率にはどんな根拠もないが、1:5の可能性だってあるし、その場合もサラリーマンの所得が210C$になるだけのことだ。)。。。だがモチロン、仕事がない実情は街を歩いていれば分かる。。。第一、ここGranadaには企業がほとんど存在しない。。。あるのは個人商店ばかりだ。公共の事業を除けば、唯一の例外は銀行とケータイ電話企業と、大手電器店などのチェーン店だけだ。。。いわゆるオフィス企業というようなものはほとんど目につかない。。。仕事などあるはずもない。。。しかも1日働いてサラリーが150C$(約7$)程度だとするなら自分一人が食べてゆくのがやっとだ(とてもじゃないが家族は養えない)。。。
 こういうことだ。。。安定してサラリーを貰える仕事を見つけて、焼け石程度の給料を貰うのがいいか(もっとも若い子でなければ到底、そういった仕事にも採用して貰える訳がない)、道端で果物や海賊盤CD・DVDを売ったり、ガムやホットドッグを売ったり、靴の修理やミシン掛け、その他出来ることならなんでもして一日になんだかんだと100C$(~200C$)くらい稼ぐのか・・・と言う問題だが、そこには選択肢などない。。。学校を出たばかりの若い子なら首都Managuaで仕事につける可能性はあっても、20代半ばを過ぎると採用の可能性なんてないも同然だからだ。。。況してやオジサン、オバサン連中にはどんな選択肢もない。。。個人商店でさらに安い20~33C$程度の日給で働くにもはやり若い子たちとの競争に勝たなければならない。。。若い子が嫌がるような仕事でもない限り、30才も過ぎたら新しく仕事に就ける可能性はない(1軒のビュッフェではテーブル掛りとしてオヤジを採用したが、どう考えても彼の日給は20C$を超えないだろう。食事付ということと、テーブルチップだけということすら考えられる。)。。。
 残された可能性は道端で、とにかく何かを売って、日銭を稼ぐしかない。。。少なくとも街中で1日働いて20-33C$の子供の小遣い程度貰っても意味がないとするなら、道端で日銭を稼ぐ方が収入がいいとすら考えられる訳だから、どんな選択肢もあったものじゃない。。。1ヶの果物で1C$稼げるとしたら一人当たり5ヶ~10ヶくらい買ってゆく訳だからうまくいけば100C$くらいは稼げる可能性はあるし、街中で果物を剥いてビニール袋売りしているやつなら1袋で3C$以上は粗利があるだろう。(但し、共に仕入しなければならないし、果物を1日中剥いてビニールに詰める作業はそれなりに大変で、1人は1袋しか買わないが。。。)
 だから以前のホテルの管理人のように2つ以上の仕事を掛け持ちでこなさないとやっていけない人々がここには大勢存在する。(※彼のサイドビジネスはホテルの電話を受けて、市場やスーパーで買い物をして届けるだけだが、ここのスーパーはレジで数十分待たされることもあるし、1日に4~5回は一瞬の停電が起こるが、すぐに復旧してもレジ・システム復旧のためにはさらに10分くらいの時間を要する。。。そんないつまで掛るか分からない買い物にホテルの従業員を使う訳にはいかないので、彼のような1回幾らという契約のサイドビジネスが成り立つ訳だ。彼個人に依頼された買い物をするお金はないが、ホテルのレジを管理している彼はその間の流用が可能だ。)
 そういったインフォーマル・ビジネスは国庫に税収を齎さない。。。統計にも反映されない。。。難しい就職活動に勝ち抜いて、企業に勤務したところで、道端で稼ぐ程度(1人1日の食費程度)の収入しか得られない現状の中で、ニカラグア経済はますます混迷を深めてゆくしかない(モチロン、企業によってサラリーは雲泥の差があるだろう)。。。街場では商店主だけが稼いで、そこで働く者たちは小遣い程度しか稼げないシステムだ。。。そんな状況下でまさか"労働者の権利"が云々される訳もないだろう。。。社会保障も、賃金闘争も、不当解雇の訴えも何もありはしない。。。週に6日以上(道端では休みなしという人たちがほとんどだ)働く彼らは祝日などというものをほとんど持っていない。年間の最大の休みはこのセマナ・サンタとクリスマスだけだ(それも働かなければならない人たちがほとんどだ)。。。毎月のように祝日のある日本とは違う。貧しさから逃れるには奇跡を待つしかない(宝くじはたくさん売っている)。或いは犯罪に手を染めるかだ(だがそれも一時的なものしか齎さないだろう)。。。
 1日に20-33C$で働く人々に、労働意欲や働くための向上心を求めることは難しいだろうし、彼らが働くのをバカらしくなったとしても何の不思議もない。。。そんな彼らの目の前をカメラやビデオ、お土産物で一杯になったバッグをぶら下げて歩き、街頭のテラスで1回300C$以上もするような食事をしている観光客たちがウヨウヨしている訳で、盗みを"働き"たくなってもそれほど不思議とも思えない。
 ついでに言えば、前にも書いたように、自分で勉強しようにも必要な書籍はまったく売っていない訳だから、知識や技術を身につける唯一の道は大学へゆくことしかない。大学や専門学校へ行かなかった人々はどんな専門知識も技術も身につけることは出来やしない。PCやプログラマー関係は愚か、WordやExcellのマニュアル本みたいなものすら一切Granadaの街では売っていないし、簿記だとか、各種資格のための書籍なども、そもそも書店が存在しない(ここではLibreriaは文房具店の呼称となっている)上、あっても輸入書だから、そんな専門書籍の一般的需要はないし、もしもあったとしても英語版だ。

 哀しむべきことは、これが一度は革命に勝利したはずの国家の現状だということだ(それらが国際社会の干渉と米国の武力介入によって叩き潰されたということは前に述べた)。。。社会主義的理念を否定する人(社会主義的理念を悪く言う人)は、これらの現状をどう見るのだろうか?それを肯定するのだろうか?またしても教育万能論で数十年後の自助努力による改善の可能性を夢見るのだろうか??これは不景気の所為なんかではない。景気がよくなったとしても労働者たちには還元されないからだ。それ以前の社会構造の問題だ。。。そして労働者の権利が(基本的人権が)何一つ保障されていないことによるものだ。一握りの富裕層だけがビジネスというものを支配し続けることを容認した社会構造の歪みによるものだ。

 ・・・残念なことに、わたしに仕事をくれる大半の人々は外国人か、外国人と手を組んだ人々だ。現地のニカラグア人もごく僅かに混じっているが、モチロン彼らは富裕層と言うほどではないにしろ、自らは働かない人々だ。。。汗水垂らして働いているニカラグア人のレストランオーナーなど見たこともない。。。そしてそういった人々にわたしは仕事を貰い、何某かのお金を稼いでいるのが実情だ。。。

 

 勘違いしないで貰いたいが、わたしは社会主義者なんかではない。何度も述べてきたように資本主義的理念は社会主義的理念と共に寄り添わねばならないと言っているだけのことだ。どちらか一方を否定して(この場合は社会主義理念を否定して)、代わりに民主主義を何かの拠りどころにして資本主義社会を導いてゆけると勘違いしている愚かな人々に"民主主義は実際のところエゴイズム的理念に留まるしかなく、資本主義は欲望の理論だから、このふたつが手を組んでも、エゴと慾という両親から何か別のより良きモノが生まれてくる可能性はない"と繰り返し言っているだけだ。


 一時、日本で"二大政党制への移行"などと言う言葉がマスコミを賑わしたが、当時も書いたように、資本主義の息子たちである二大政党などというものは二大与党の党派争いでしかない。。。社会主義的理念を掲げる政党と、資本主義理念を掲げるふたつの政党が議席を分け合って、初めて二大政党制と言える訳であって、中身の同じパーケッージ違いの党がふたつ並ぼうともそんなものは二大政党制とは言わない。。。だが日本のゴミのようなマスコミはそれを平気で二大政党制だと表現して憚らなかった。。。彼らは政府広報の一翼を担い、政府プロパガンダの為の人心操作をその仕事としている。。。或いは知性と思考力というものを全く持ち合わせていないかのどちらかだ。。。視聴率という資本主義的物差しがそれを補助する。。。人々は難しい理屈や、どちらが正解か分からないような長い議論に耳を傾けるより、簡単で明快な結論ありき"補足"説明の方を望むからだ。
 (※バカげた某TVは議論番組だと称して、司会者が議論の行く末に正解と不正解の色分けを付ける始末だ。あんなものは一見の価値すらない。反吐が出そうになったのを覚えている。。。しかも司会者を含めて誰一人議論というものの方法を知らない。メンツで話をするのは論理ではない。彼らは党や政治家としての主義主張は持っていたとしてもその背景となるどんな論理も持ち合わせてはいない。根底に論理のない主張=ディペードなど議論として成立のしようもない。)


 結論としての主義主張ではなく、そこへ辿り着くまでの長い論理に価値があるのは、それが読む者に考える機会を与え、或いは考えることを要求するからだ。。。結論としての主義主張だけを端的に求め、それを由とする人々は論理的に思考する能力を養わないし、如何なる判断基準をも持ちえない。それは学校教育で知識だけを積み上げた結果に似ている。
 
 論理は結論としての主義主張よりも常に優先する。

 論理のない主義主張を理解するなどということは不可能だし、それを判断することも出来ない。他者の論理に耳目を傾けることは、それらが自分のものと何処がどう違っているかを知ることに価値がある。その上で自分の考えを論理的に表現することが出来て初めて、人は論理的であると言える。。。そう表現することで初めて条件が満たされる。。。論理として表現しない=言葉にしないモノは、読み返し、補足し、訂正し、年月を経て記録されたものとして検証されない以上、論理として認めようがない。あなたの頭の中にわたしのそれと違った見解があるのなら、ともかくもそれを言葉に書き記してみることだ。別にわたしに見せる必要など何処にもない。反論する必要もない。自分自身のために、自分が論理を持っているのか、それとも単に主義主張があるだけなのかを知るために。。。こればかりは書く以外にどんな術もない。。。どんなに主義主張が明確であろうとも、そこに至る経緯が頭の中に漠然と、或いは漫然とあるのは論理ではない。。。喋ってみるのは論理的かも知れないが、それらを書き記す以外に読み返し、補足し、訂正し、年月による検証を可能にする方法はないし、それが唯一、自分の論理に責任を負うことを可能にする方法だ。(※わたしのHP本体には2001年5月に遡る文章があるし、単文表現としては17才に遡るものもある。)
 繰り返す・・・

 譬え、どんなに主義主張が明確であっても、それだけでは論理的だとは言えない。

 そこへ至る経緯を文章化すること(言語化)が出来て初めて論理的であると言える。それが正真正銘の論理であるか否かは、途中の四則演算が間違っていないかどうかに掛っている。四則演算に間違いがなく、論理的に自らの主義主張を言語化することが出来たなら、それがどんなに他者と異なるものであれ、その主義主張を保持する自由と権利があなたにはある。
 あとは年月を経て自らが検証し、自らで追認することが出来るかどうかだ。勿論、そのためには年月をただ漫然と過ごすのではなく、より深い知識と真実に近づき得る洞察をその手で掴み取る努力をする必要がある。。。それは果てしなく困難で、限りのない道だ。。。もうひとつの困難は20年も30年も同じひとつの問題※1)について考察を続ける必要があるということだ。。。誰のためでもなく、自らのために。。。

 時々、哲学と論理を一緒クタにする人がいるが、全くの別物だ。

 哲学は寧ろ感性である。

 哲学は感性を論理的に説明しようと(努力)しているものであって、結局のところ感性の言語化でしかない(論理ではあり得ない)。。。わたしは哲学は苦手だし、興味を持つことが出来ないでいる。


※1) わたしにとっては、パレスチナ、アウシュヴィッツ、68年運動、死刑問題、責任能力と司法、資本主義=社会主義=民主主義、教育論、ユダヤ=キリスト=イスラーム宗教的概念と歴史、第三世界の独立と革命などがそれに当たる。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - Nicaragua日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。